薩摩剣士隼人TVシリーズ配信中!

KTS鹿児島テレビで朝6:15~放送中!鹿児島の魅力たっぷり詰め込んだご当地ヒーロー、「薩摩剣士隼人」をネットでも配信しています。鹿児島弁の解説や制作秘話などもお届け!

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

第二部は来年4月より放送予定です!

※大人の事情により、放送開始は4月となりました!
 楽しみにお待ちくださっている皆さん、申し訳ありません!
 さらにパワーアップしてお送りする第二部にご期待ください!!


薩摩剣士隼人第二部を現在、鋭意撮影中です!

第二部のサブタイトルは「黒潮激闘編」!!

今度は離島も舞台に!


次回の薩摩剣士隼人をどうぞお楽しみに!!



20130416_070022.jpg

20130705_145220.jpg


スタッフ一同
スポンサーサイト

| 第二部 | 11:35 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

薩摩剣士隼人 完結編 【第6話】

 磯庭園で剣の稽古に励むつんつんとコンコン。ダイサイゴーとコンコンの両親がそれを見守り、その傍では狐一族と大石兵六がお茶に舌鼓を打つ…… 鹿児島を襲った危機は去り、平和なひと時が流れていました。

final06(01).jpg
final06(02).jpg
final06(03).jpg
final06(04).jpg
final06(05).jpg
final06(06).jpg
final06(07).jpg
final06(08).jpg
final06(09).jpg
final06(10).jpg
final06(11).jpg
final06(12).jpg
final06(13).jpg

 兵六はヤッセンボーの機転が狐一族を救ったのだと事も無げに語りますが、それでも狐一族は騙されていたことを簡単には許せず、そしてかつて自らを滅ぼそうとした鹿児島人たちと共に生きていくことはできないと語り、再び元の世界へと戻ることを告げます。しかしコンコンは再び狐一族との別れを選び、彼らと鹿児島の人々を繋ぐため、新たな旅に出ることを決意するのでした。

 そして念願のダイサイゴーとの再開を果たしたつんつんにもまた、別れの時が訪れます。完全に去ったわけではない鹿児島の危機に備え、再び姿を消すダイサイゴー。別れ際に再び鹿児島の平和を託されたつんつんは、かつてとは違う力強い返事でその想いに応えるのでした。

 鹿児島を巡る旅の末に、強い友情で結ばれたつんつんとコンコン。彼らはこれからもたくさんの人々やボッケモンたちとの出会いと別れを繰り返し、成長していくのでしょう。鹿児島の未来を若い二人に重ねる隼人とヤッセンボーの二人も、高台から彼らを、そして鹿児島を見守るのでした。

 南の国・鹿児島では、ボッケモンと呼ばれるたくさんの精霊たちが、人々と共に暮らしています……

final06(14).jpg
final06(15).jpg
final06(16).jpg
final06(17).jpg
final06(18).jpg
final06(19).jpg
final06(20).jpg
final06(21).jpg
final06(22).jpg
final06(23).jpg
final06(24).jpg
final06(25).jpg
final06(26).jpg
final06(27).jpg

 ……第1部1話~10話、そして第1部完結編1話~6話に渡って描かれた『薩摩剣士隼人』。完結編第6話では、この物語のエピローグが描かれています。一つの旅を終え、また新たな旅に出るつんつんとコンコン。そしてそれを見守る隼人とヤッセンボー……私たちスタッフ一同が、本作に込めたメッセージを強く反映したエピソードとなっています。願わくは、『隼人』を愛してくれたファンの皆さんが、私たちの住むこの鹿児島をこれまでよりももっと好きになってもらえればと、そして『隼人』を見てくれた子供たちに、友情を大切にする心、ヒーローに憧れる夢が生まれてくれたらと思っています。

 ここまでご覧くださいまして、本当にありがとうございました!!



【薩摩剣士隼人 完結編 第6話】
企画:株式会社ボッケモンプロ(薩摩剣士隼人プロジェクト)
原作:外山雄大
  :原田英樹
シリーズ構成:外山雄大
脚本・絵コンテ:原田英樹
統括プロデューサー:小野大
監修:東川隆太郎
音楽プロデューサー:野井倉博史(SRファクトリー)
音楽:松本和樹
  :式大介
プロデューサー
    撮影監督:南しんぽう
アクション監督:中島厚也
殺陣指導:田原竜太郎(インスタッフ)
制作:有川ゆき
広報:祁答院賢生
題字:石原美紅
アニメーション:戸口 のふみ
       :大迫 茉生       
キャラクターデザイン:原田英樹
衣装造型:竹原哲郎
     :海老原隆司
     :久保薗恵美
     :前野克郎
     :外山恵美子
     :小野良子
主題歌:「薩摩剣士隼人」
作詞:阿藤映志
作曲:竹原哲郎
編曲:松本和樹
歌:尾堂公信
オープニング・エンディング撮影:
羽生孝文(JSC)
松下瑞樹(松下瑞樹写真事務所)
野元博之
総監督:外山雄大
製作・著作:株式会社ボッケモンプロ(薩摩剣士隼人プロジェクト)


▼出演
Partyのり
村瀬真由
近藤景子
笠井詩織
山川佳那子
小坂晏子
外山恵美子
瀬筒澄博
松本善成
原田武俊
パチこう
クリステル
春田弘昭
藤山紀子
Nao777
阿久根明子
阿久根研太
若松智子
若松啓太
山本理佳
山本創士
山本有希
宮下智也
原口由紀子
平湯正人
平湯佳代
知念李音
知念賢史朗
中村尚子
中村幸聖
原口かおり
瀬口正子
瀬口桃子
前田かなみ
前田智子
池口隆澄
池口琉太
釘田祐一
宮崎真太郎
樋高正和
藤田操一
愛甲あずさ
愛甲のあ
愛甲塁行
愛甲大行
福園イツ子
齋藤史隆
齋藤幸恵
宅島優宗
宅島加奈子
森ちづる
高橋健司
高橋穂香
高橋昊大
落合麗華
岩元寿夫
立宅裕文
上鵜瀬義樹
坂元俊
駒倉義大
内村みのり
内村友菜
内村英滉
有木清華
有木蓮
有木葵
日下部虹太
日下部遣志
日下部春希
平佐田智美
川畑満貴
竹下海翔
竹下真翔
竹下瑛己
竹下由美子
橋之口晃
橋之口由香
橋之口凛
橋之口音
山下めぐみ
山下遥
山下颯
海江田佐奈美
長濱美幸
長濱潤華
長濱怜華
田畑直美
田畑歩乃花
高橋伶奈
高橋尚美
安部田敬志
村山賢一
村山由香
上柿元麗子
上舞友子
上舞桃加
上舞大智
鎌田幸士郎
福寿遥
福寿将斗
永原よしふみ
永原おとめ
永原こもも
井手蒼一郎
井手加奈子
西和馬
西灯音
西智子
中村貴子
中村天音
中村太一
中村日子
池畑雅史
池畑優香
倉津寛史
倉津彩香
倉津圭吾
倉津伸至
川本郁美
川本琉偉
木下豊
永野朝顔
野元翔太
野元康晴
野元あけみ
前田純一
前田真由加
前田珠菜
樋口恵美
樋口航太
樋口絢太
樋口莉奈
江ノ口七草
クロキョー
中村仁誠
平島要子
西窪剛士
西窪龍士郎
西窪和夏那
鹿子木巧
鹿子木恵
鹿子木大河
鹿子木大地
鹿子木大宙
新留浩一
新留和江
ちゃんクマ
鮫島奈美
山神広美
地智由美子
はるこ
森永大輔
吉海梓
本村孝志
前園信一郎
小中原康太
東智美
前田真宏
前田静恵
前田知穂
前原廣治

▼アクション
前野弘和
中島厚也
有川ゆき
竹原哲郎
米田翔太
木佐貫晴也
湯川健
七芽欠伸
吉田翔太
飯迫杏奈
前野克郎
宮原健介
濱崎智世
田原竜太郎
岡本大輝
堀督宏
港真幸
萩原しほ
クリステル
川越麗香
川上沙代
中村尚子
伊藤雄司
伊藤仁美
山崎真和
牧野利光
澤田晶子
福元浩二
平島要子
上園千恵


▼スタッフ
中山貴之
祁答院賢生
江口博英
下薗晶子
若松智美
長島亜左
篠田裕太

▼撮影
南しんぽう
上野祐助
長野泰英
原口倫宗


▼協力
鹿児島県
鹿児島市
鹿屋市
薩摩川内市
出水市
南九州市
鹿児島県観光連盟
薩摩ガラス工芸
本場大島紬織物協同組合
沈壽官窯
ツーウェイズ
仙厳園


▼ロケ地協力
多賀神社
仙厳園
ふく福荒田本店
かのやばら園
福山酢醸造株式会社
中村正青果
川内川河川事務所
知覧町せせらぎ公園
祇園之洲公園
タカプラボッケモンランド
らーめん食堂元斗好軒
城山展望台
照国神社
与次郎長水路

副主題歌:「天の声」
作詞:HANZO
作曲:藤田たかし
編曲:津川智寿
歌:はやと

挿入歌:「カゼノコトノハ」
作詞:原田英樹
作曲:中島典子
編曲:式大介
歌:古川彩香 飯迫杏奈 村山礼恵

挿入歌:「つながり」
作詞:ai
作曲:tomoyo
編曲:BLACK BABE
歌:roddy×BLACK BABE

▼声の出演
尾堂公信
原田英樹
田中ロイジ
大毛彩
外山雄大
米田翔太
竹原哲郎
原口倫宗
田原竜太郎
吉田翔太
長野泰英

| 第一部完結編 | 19:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

薩摩剣士隼人 完結編 【第5話】

final05-06.jpg

 プリモゼの歌に導かれた鹿児島中の人々の想いがひとつになり、巨大なヤッセンボールの闇は打ち払われました。つんつん、コンコンの二人が手を取り合うことで、鹿児島に奇跡が舞い降りたのです。

final05-08.jpg
 闇の力を失い、崩れ落ちるヤッセンボー。彼の元に駆け寄ったのは、共に鹿児島を旅したくぐり狐衆でした。騙していた自分を恨んでいるだろう、と語るヤッセンボーに、くぐり狐衆はどこまでもついていくと答えます。

final05-09.jpg
 桜島を望む多賀神社で、隼人とヤッセンボー、くぐり狐衆の元へ歌が聴こえてきます。かつて枕崎では届かなかったプリモゼの歌が、以来の激しい戦いを経て心を通わせた彼らの胸に届いたのです。

final05-13.jpg
 くぐり狐衆だけでなく、コンコンもまたヤッセンボーに救われた一人でした。他人の悲しみをわかることのできるヤッセンボーだから、本当の悪人ではないはずだと語りかけます。

final05-15.jpg
 ヤッセンボーに月光刀を差し出す隼人。何よりも彼こそが、この瞬間を心待ちにしていたのでしょう。ヤッセンボーも固くそれを握り締め、二人の道がここに交わったのです!

final05-16.jpg
 桜島火の島太鼓保存会の皆さんによる勇壮な演奏と磯海水浴場から望む絶景の桜島をバックに幕を開ける二人の立ち合い! 物語のクライマックスを盛り上げる、絶好の演出となりました。桜島火の島太鼓保存会の皆さん、ご協力ありがとうございました!

final05-19.jpg
 「きばってねー!」と応援され、一瞬驚きの表情を見せたヤッセンボー。心を開き立合いに望む今の彼は、その声援を受けるに相応しい存在へと成長したのです。

final05-24.jpg
 言葉のフェイント「幻魔言霊の術」、後ろから5人で切りかかるくぐり狐衆……それらは決して卑怯なことではなく、知恵やチームワークといった彼らの持ち味を最大限に活かした戦術なのです。「これが我らの戦い方じゃ!」と声を大にするヤッセンボーたちには、強い自信がみなぎっていました。

final05-25.jpg
 隼人もまたその知恵とチームワークを認め、そして尚、己の剣の道である真っ向勝負を貫きます。この最高の立ち合いに、隼人とヤッセンボーたちの心がたぎる!

final05-26.jpg
 ここからはヤッセンボーたちの華麗な連携プレーが見所。こちらは幻魔五稜跳躍陣。張り巡らせたチェーンをバネに、ヤッセンボーが高所からの斬撃を仕掛けます!

final05-27.jpg
 こちらは「幻魔戦法・宝珠蹴鞠之陣」。サッカーよろしく、くぐり狐衆がヤッセンボールのパス回しでかく乱、ヤッセンボーの華麗なシュートで隼人を狙います!

final05-28.jpg
 さらに「幻魔舞踊・波状螺旋之陣」。有名ダンス&ボーカルグループのように一列に並んで回転ダンス、隼人を幻惑します。

final05-29.jpg
 さらにさらに、「真・幻魔騎馬合身之術」!! 6話・串木野で見せたくぐり狐衆の幻魔騎馬合身にヤッセンボーを加えてパワーアップ!! 彼らのチームワークが結実した大技です!

final05-31.jpg
 「我の華麗な戦いぶり、そなたらにもとくと見せてくれようぞ!」と息巻き、隼人との1対1での戦いに挑むヤッセンボー。実力の拮抗する両者ですが、そのスタイルは大きく異なり、そして互いに敬意を持っています。お互いを認め、尊敬しあう……彼らはこの戦いを通じ、真のライバルになり得たと言えるでしょう。

final05-32.jpg
 新技、ヤッセンビーム!!……と思いきや、これもフェイント。いつの日か出せるようになる日が来るのでしょうか? ヤッセンボー本人は「出る感じ」とのことです。

final05-33.jpg
 ヤッセンビームに続き、「あんなところによかおごじょが!」の言葉にも騙される隼人。くぐり狐衆さえも騙される見事な(?)戦略です。

final05-34.jpg
 鍔迫り合いの中、顔を見合わせ頷く両者。次の一閃が勝負を決めると、互いがこの瞬間に悟ったのでしょう。距離を置き、ヤッセンボーが「幻魔月光刀・霧桜輝鋭斬」、そして隼人が「無刃剣十字丸・破影之太刀」を構えます。

final05-38.jpg
 最後にこの戦いを制したのは、我らのヒーロー・薩摩剣士隼人でした! どこまでもまっすぐな強さ、そして相手の思いを受け入れる広く深い心こそが彼の強さの源。ヤッセンボーも敗れはしたものの、その背中に悔いはありません。

final05-40.jpg
 「ラーメンどん、たもいけいこかい」と手を差し伸べる隼人の手を、「我は認めぬぞ……とんこつラーメン以外はな」と力強く握り返したヤッセンボー。見守っていたつんつん、コンコン、そしてくぐり狐衆たちも安堵の表情を浮かべます。

final05-42.jpg
 それぞれに声を掛け合う隼人、ヤッセンボーとつんつん、コンコン、くぐり狐衆。最後の戦いを終え、彼らの中には強い絆が生まれたことでしょう。


 ……鹿児島の危機を救ったつんつんとコンコン、そして最後の戦いを終えた隼人とヤッセンボー。大団円を迎えた物語は、彼らの旅のエピローグへと続きます。



【薩摩剣士隼人 完結編 第5話】
企画:株式会社ボッケモンプロ(薩摩剣士隼人プロジェクト)
原作:外山雄大
  :原田英樹
シリーズ構成:外山雄大
脚本・絵コンテ:原田英樹
統括プロデューサー:小野大
監修:東川隆太郎
音楽プロデューサー:野井倉博史(SRファクトリー)
音楽:松本和樹
  :式大介
プロデューサー
    撮影監督:南しんぽう
アクション監督:中島厚也
殺陣指導:田原竜太郎(インスタッフ)
制作:有川ゆき
広報:祁答院賢生
題字:石原美紅
アニメーション:戸口 のふみ
       :大迫 茉生       
キャラクターデザイン:原田英樹
衣装造型:竹原哲郎
     :海老原隆司
     :久保薗恵美
     :前野克郎
     :外山恵美子
     :小野良子
主題歌:「薩摩剣士隼人」
作詞:阿藤映志
作曲:竹原哲郎
編曲:松本和樹
歌:尾堂公信
オープニング・エンディング撮影:
羽生孝文(JSC)
松下瑞樹(松下瑞樹写真事務所)
野元博之
総監督:外山雄大
製作・著作:株式会社ボッケモンプロ(薩摩剣士隼人プロジェクト)


▼出演
平岡京子
パチこう
クリステル
春田弘昭
藤山紀子
Nao777
阿久根明子
阿久根研太
若松智子
若松啓太
山本理佳
山本創士
山本有希
宮下智也
原口由紀子
平湯正人
平湯佳代
知念李音
知念賢史朗
中村尚子
中村幸聖
原口かおり
瀬口正子
瀬口桃子
前田かなみ
前田智子
池口隆澄
池口琉太
釘田祐一
宮崎真太郎
樋高正和
藤田操一
愛甲あずさ
愛甲のあ
愛甲塁行
愛甲大行
福園イツ子
齋藤史隆
齋藤幸恵
宅島優宗
宅島加奈子
森ちづる
高橋健司
高橋穂香
高橋昊大
落合麗華
岩元寿夫
立宅裕文
上鵜瀬義樹
坂元俊
駒倉義大
内村みのり
内村友菜
内村英滉
有木清華
有木蓮
有木葵
日下部虹太
日下部遣志
日下部春希
平佐田智美
川畑満貴
竹下海翔
竹下真翔
竹下瑛己
竹下由美子
橋之口晃
橋之口由香
橋之口凛
橋之口音
山下めぐみ
山下遥
山下颯
海江田佐奈美
長濱美幸
長濱潤華
長濱怜華
田畑直美
田畑歩乃花
高橋伶奈
高橋尚美
安部田敬志
村山賢一
村山由香
上柿元麗子
上舞友子
上舞桃加
上舞大智
鎌田幸士郎
福寿遥
福寿将斗
永原よしふみ
永原おとめ
永原こもも
井手蒼一郎
井手加奈子
西和馬
西灯音
西智子
中村貴子
中村天音
中村太一
中村日子
池畑雅史
池畑優香
倉津寛史
倉津彩香
倉津圭吾
倉津伸至
川本郁美
川本琉偉
木下豊
永野朝顔
野元翔太
野元康晴
野元あけみ
前田純一
前田真由加
前田珠菜
樋口恵美
樋口航太
樋口絢太
樋口莉奈
江ノ口七草
クロキョー
中村仁誠
平島要子
西窪剛士
西窪龍士郎
西窪和夏那
鹿子木巧
鹿子木恵
鹿子木大河
鹿子木大地
鹿子木大宙
新留浩一
新留和江
ちゃんクマ
鮫島奈美
山神広美
地智由美子
はるこ
森永大輔
吉海梓
本村孝志
前園信一郎
小中原康太
東智美

▼アクション
前野弘和
中島厚也
有川ゆき
竹原哲郎
米田翔太
木佐貫晴也
湯川健
前野克郎
七芽欠伸
宮原健介
濱崎智世
田原竜太郎
吉田翔太
岡本大輝
堀督宏
港真幸

▼スタッフ
中山貴之
祁答院賢生


▼撮影
南しんぽう
長野泰英
原口倫宗


▼郷土芸能
桜島火の島太鼓保存会


▼協力
鹿児島県
鹿児島市
鹿屋市
薩摩川内市
出水市
南九州市
鹿児島県観光連盟
薩摩ガラス工芸
本場大島紬織物協同組合
沈壽官窯
ツーウェイズ

▼ロケ地協力
南洲神社
湯平展望台
多賀山公園
多賀神社
維新ふるさとロード
かのやばら園
福山酢醸造株式会社
中村正青果
川内川
知覧町せせらぎ公園
ラーメンたんぽぽ
磯海水浴場

副主題歌:「天の声」
作詞:HANZO
作曲:藤田たかし
編曲:津川智寿
歌:はやと

挿入歌:「カゼノコトノハ」
作詞:原田英樹
作曲:中島典子
編曲:式大介
歌:古川彩香 飯迫杏奈 村山礼恵

挿入歌:「つながり」
作詞:ai
作曲:tomoyo
編曲:BLACK BABE
歌:roddy×BLACK BABE


▼声の出演
尾堂公信
原田英樹
田中ロイジ
大毛彩
外山雄大
米田翔太
竹原哲郎
四元大志
木佐貫晴也
湯川健

| 第一部完結編 | 11:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

薩摩剣士隼人 完結編 【第4話】

ブログバナー

▼2012年11月25日  「完結編 第4話(前編)」放送
▼2012年12月2日 「完結編 第4話(後編)」放送




みどあら

~あらすじ~
(前編)かごしまの人々を救うためボッケモンたちが立ち上がる!
(後編)みんなの希望をのせて今こそ飛べつんつん、コンコン!

ロケ地

 遂に明かされたヤッセンボーの秘密。イッシーにかけた術も解かれ、ついにヤッセンボー最大最後の秘術による鹿児島人への復讐、薩摩隼人への復讐が始まります!

 ヤッセンボーの手により桜島上空には巨大なヤッセンボールが、そして鹿児島各地に「大ンダモシタン」が現れ、人々とボッケモンたちを混沌の渦の中へ陥れます。


04話1
 「この六白にかけて守り抜く!」 かのやばら園では第2話登場の黒豚ヴィちゃんが再登場! 人々だけでなく草花も身を挺して守る熱いイッダマシイで、大ンダモシタンの攻撃を跳ね返しました!

04話2
 「アマン壷は割らせないでス~!」 福山のアマン壷畑では、アマンクロスがかめ壷と見学中の人々を守ります。堅いボディは3話登場以来健在!

04話3
 「果樹神合体! カンサーフォーメーション!」 阿久根の中村(正)青果店の店先には、第4話登場のカジュカンサーが現れ、「カジュウ念力」で人々を救いました。その力、文字通り神懸り的です!

04話4
 「2対1か…… OK、まとめて相手になるぜッ!!」 川内川の上空には2体の大ンダモシタンが出現! 第5話登場のGA☆ラッパーが持ち前の派手な大技で迎え撃ちます!

04話6
 「逃げやんせ、みんな、逃げやんせ!」 知覧町せせらぎ公園の人々を導くのは、第7話登場の茶くれ爺。老いた体でも鹿児島を守りたい気持ちは同じ。積極的に人々に声をかけていました。

04話8
 「この気配はなんだ? 鹿児島をラーメンに例えるならば、スープが急激に冷えていくような……」 第6話では常に冷静だった麺inカゴンマも、お得意のラーメン例え話までは忘れないものの、驚きを隠せない様子です。

 ……これら鹿児島各地での撮影には、多くのファンの方々にエキストラとして参加頂きました。撮影時はまだ真夏。暑い中での撮影にお付き合いいただき、スタッフ一同大変感謝しております! 皆さん本当にありがとうございました!

04話5
 大ンダモシタンの出現により、県内はパニック状態に。ラジオでも臨時ニュースが流れ、人々に落ち着いた非難を呼びかけます。
 このシーンの撮影に協力してくださったのは、鹿児島の皆さんなら説明不要の名ディスクジョッキー・DJ POCKYさん! 見事な演技で鹿児島に張り詰めた緊張感を演出してくれました。POCKYさん、ご協力ありがとうございました!

04話9

04話17

 巨大な闇の力を取り込み、ヤッセンボーはダークヤッセンボーへと姿を変えます。その戦う様はこれまでのヤッセンボーとは大きく異なる、野獣のように凶暴なもの。怒りと憎しみに駆られた凶刃が、容赦なく隼人を追い詰めていきます。
 ……このアクションシーン、実は当初の予定よりも大幅に縮小されたもの。編集の都合でなくなくお蔵入りになったカットがたくさんあるのです。ファンの皆さんには何かの機会にご覧いただきたいと考えておりますので、続報にご期待くださいませ!

04話18
 「ヤッセンボーを倒せ!」と息巻く狐一族達に異を唱えたつんつん。コンコンとの仲がそうだったように、ヤッセンボーとも友達にならないといけないと彼らに語りかけます。本作主人公の彼が鹿児島を旅して手にしたその信念は、立派な薩摩の剣士に相応しいものでした。長くヤッセンボーと行動を共にしたコンコンも想いは同じ。二人の想いに触れた狐一族の人々も、次第に強硬な姿勢を崩していきました。
 スタッフ一同が本作に込めたメッセージを、力強い言葉で視聴者の皆さんへ伝えてくれたつんつん。初めは子犬だった彼も、作品を通じて立派な主人公になってくれました!

04話10
 ヤッセンボーを倒さずに鹿児島を守る……この二律背反に答えを出したのは、前回飄々と現れた伝承ボッケモン・大石兵六。巨大な闇を光で照らし、打ち消すことを提案します。

04話11
 久し振りのアレ、「なこかいとぼかい、なこよかひっとべ!」の掛け声と共に繰り出したつんつんとダイサイゴーのコンビ技! 勢いに乗ったつんつんは鹿児島市外から桜島まで一飛び。戸惑うコンコンも、ちょっと無理やりながらも後を追います。

04話13
 たどり着いたのは桜島の湯平展望台。桜島側から鹿児島を一望する絶景が楽しめるスポットです。二人はここからコンコンパクトをかざし、心の光で闇を払おうとしますが……

04話12
 闇の力は、二人の光を飲み込んでしまうほどに大きなもの。最後の力を振り絞り、懸命に立ち向かいます。

04話14
 鹿児島市の高台から二人の姿を見つめていたプリモゼの三人。彼女たちの歌声に乗せ、つんつんとコンコンの想いが鹿児島中に広がっていきます。

04話15
 鹿児島中に伝わった二人の想いは大きな声援となって反響し、それはプリモゼの歌声によって光に変わり……

04話16
 桜島のつんつんとコンコンが持つコンコンパクトへと集束されていきます。

 ……つんつんとコンコン、二人は強大な闇を打ち払うことが出来るのか?! そして隼人とダークヤッセンボーの戦いの行方は如何に?! 次回「かごんまの光」、ご期待ください!!



【薩摩剣士隼人 完結編 第4話】

企画:株式会社ボッケモンプロ(薩摩剣士隼人プロジェクト)
原作:外山雄大
  :原田英樹
シリーズ構成:外山雄大
脚本・絵コンテ:原田英樹
統括プロデューサー:小野大
監修:東川隆太郎
音楽プロデューサー:野井倉博史(SRファクトリー)
音楽:松本和樹
  :式大介
プロデューサー
    撮影監督:南しんぽう
アクション監督:中島厚也
殺陣指導:田原竜太郎(インスタッフ)
制作:有川ゆき
広報:祁答院賢生
題字:石原美紅
アニメーション:戸口 のふみ
       :大迫 茉生       
キャラクターデザイン:原田英樹
衣装造型:竹原哲郎
     :海老原隆司
     :久保薗恵美
     :前野克郎
     :外山恵美子
     :小野良子
主題歌:「薩摩剣士隼人」
作詞:阿藤映志
作曲:竹原哲郎
編曲:松本和樹
歌:尾堂公信
オープニング・エンディング撮影:
羽生孝文(JSC)
松下瑞樹(松下瑞樹写真事務所)
野元博之
総監督:外山雄大
製作・著作:株式会社ボッケモンプロ(薩摩剣士隼人プロジェクト)

▼出演
古川彩香
飯迫杏奈
村山礼恵
平岡京子
Partyのり
DJ POCKY

パチこう
クリステル
春田弘昭
藤山紀子
Nao777
阿久根明子
阿久根研太
若松智子
若松啓太
山本理佳
山本創士
山本有希
宮下智也
原口由紀子
平湯正人
平湯佳代
知念李音
知念賢史朗
中村尚子
中村幸聖
原口かおり
瀬口正子
瀬口桃子
前田かなみ
前田智子
池口隆澄
池口琉太
釘田祐一
宮崎真太郎
樋高正和
藤田操一
愛甲あずさ
愛甲のあ
愛甲塁行
愛甲大行
福園イツ子
齋藤史隆
齋藤幸恵
宅島優宗
宅島加奈子
森ちづる
高橋健司
高橋穂香
高橋昊大
落合麗華
岩元寿夫
立宅裕文
上鵜瀬義樹
坂元俊
駒倉義大
内村みのり
内村友菜
内村英滉
有木清華
有木蓮
有木葵
日下部虹太
日下部遣志
日下部春希
平佐田智美
川畑満貴
竹下海翔
竹下真翔
竹下瑛己
竹下由美子
橋之口晃
橋之口由香
橋之口凛
橋之口音
山下めぐみ
山下遥
山下颯
海江田佐奈美
長濱美幸
長濱潤華
長濱怜華
田畑直美
田畑歩乃花
高橋伶奈
高橋尚美
安部田敬志
村山賢一
村山由香
上柿元麗子
上舞友子
上舞桃加
上舞大智
鎌田幸士郎
福寿遥
福寿将斗
永原よしふみ
永原おとめ
永原こもも
井手蒼一郎
井手加奈子
西和馬
西灯音
西智子
中村貴子
中村天音
中村太一
中村日子
池畑雅史
池畑優香
倉津寛史
倉津彩香
倉津圭吾
倉津伸至
川本郁美
川本琉偉
木下豊
永野朝顔
野元翔太
野元康晴
野元あけみ
前田純一
前田真由加
前田珠菜
樋口恵美
樋口航太
樋口絢太
樋口莉奈
江ノ口七草
クロキョー
中村仁誠
平島要子
西窪剛士
西窪龍士郎
西窪和夏那
鹿子木巧
鹿子木恵
鹿子木大河
鹿子木大地
鹿子木大宙
新留浩一
新留和江
ちゃんクマ
鮫島奈美
山神広美
地智由美子
はるこ
森永大輔
吉海梓
本村孝志
前園信一郎
小中原康太
東智美

▼アクション
前野弘和
中島厚也
有川ゆき
竹原哲郎
米田翔太
木佐貫晴也
湯川健
前野克郎
宮原健介
堀督宏
飯迫杏奈
萩原しほ
クリステル
川越麗香
川上沙代
中村尚子
伊藤雄司
伊藤仁美
山崎真和
牧野利光
澤田晶子
福元浩二
平島要子
上園千恵

▼スタッフ
中山貴之
祁答院賢生
外山理香子
七芽欠伸
吉田翔太

▼撮影
南しんぽう
長野泰英
原口倫宗


▼協力
鹿児島県
鹿児島市
鹿屋市
薩摩川内市
出水市
南九州市
鹿児島県観光連盟
薩摩ガラス工芸
本場大島紬織物協同組合
沈壽官窯
ツーウェイズ

▼ロケ地協力
南洲神社
多賀神社
長島美術館
桜島湯平展望台
維新ふるさとロード
かのやばら園
福山酢醸造株式会社
中村正青果
川内川河川事務所
知覧町せせらぎ公園
ラーメンたんぽぽ

副主題歌:「天の声」
作詞:HANZO
作曲:藤田たかし
編曲:津川智寿
歌:はやと

挿入歌:「カゼノコトノハ」
作詞:原田英樹
作曲:中島典子
編曲:式大介
歌:古川彩香 飯迫杏奈 村山礼恵

挿入歌:「つながり」
作詞:ai
作曲:tomoyo
編曲:BLACK BABE
歌:roddy×BLACK BABE

▼声の出演
尾堂公信
原田英樹
田中ロイジ
大毛彩
外山雄大
米田翔太
竹原哲郎
四元大志
木佐貫晴也
湯川健
安藤 菜夏
前野 弘和
有川 ゆき
原口倫宗
田原竜太郎
吉田翔太
長野泰英

| 第一部完結編 | 22:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

薩摩剣士隼人 完結編 【第3話】

ブログバナー

▼2012年11月11日  「完結編 第3話(前編)」放送
▼2012年11月18日 「完結編 第3話(後編)」放送




みどあら

~あらすじ~
(前編)よみがえる我らが伝説の勇者!戦え薩摩の大巨人!
(後編)ヤッセンボーの秘密とは!怒りの月光刀が隼人を襲う!


ロケ地


03話3
着々とくぐり狐衆を倒し、ヤッセンボーの待つ鹿児島市内へと向かう隼人。最後に待ち受けていた五の壁・「長か槍」を持つくぐり狐との緊迫した戦いは、くぐり狐が隼人の持つヤッセンボーへの想いを知ったことで決着しました。隼人と深く礼を交わしたくぐり狐は、「貴方とヤッセンボー様の想いは同じ」と、走り行く背中に語ります。舞台となったのは姶良から鹿児島市の吉田町まで続く石畳の古道・白銀坂。Y字路が物語の演出に一役買っている点も見逃せません。

03話17
西郷隆盛と親交のあった平野国臣が詠んだ、「我が胸の たぎる想いに くらぶれば 煙は薄し 桜島山」の詩とともに名乗りを上げた、我らが薩摩の大巨人・ダイサイゴー! つんつんとコンコンの二人がかりでも倒せなかったデビルイッシーを、力技で押し返す活躍を見せてくれました!

03話18
両足キックの「両棒下駄ん歯(ジャンボげたんは)」や強烈なパンチの「黒糖大拳骨(こくとうだいげんこっ)」、頭突きの「鰹節之大頭(ぶしんだいびんた)」など、薩摩の味覚をふんだんに織り込んだ技を繰り出すダイサイゴー。流石は食いしん坊つんつんのお師匠様と言ったところです。ちなみに、鰹節はギネスに認定された世界で一番硬い食材なんだとか。

03話4
ダイサイゴーのパワーの源「ジャンボつけ揚げ」。こちらは『薩摩剣士隼人』番組スポンサーでもある「さつまあげの揚立屋」様に特注で作っていただきました。こちら、撮影用にお願いしたのになんと中身は具沢山のスペシャル仕様。揚立屋様のイッダマシイもスタッフが美味しく頂きました! 揚立屋様、最高のつけ揚げをありがとうございました! ちなみに、ラッシュの掛け声は「かからん! だんご! ふくれ! がし! かるかん! あくまき! しろくま! いこもち! ねったぼ!」でした。

03話5
ダイサイゴーの「出番じゃ!」の声に導かれ現れた、狐一族の面々。中央にいるのが一族の長老、紺とピンクのマフラーがそれぞれコンコンの父、母です。長老はつんつんとコンコンに、コンコンパクトをかざすよう伝えます。

03話6
「ニッコイセイツンコンソワカ!」の掛け声とともにコンコンパクトから放たれた光がデビルイッシーを照らし……

03話7
デビルイッシーの黒いオーラを吹き飛ばし、元の愛らしいイッシーの姿に戻りました。つんつんとコンコン、そして彼らをとりまく様々な絆が、この奇跡を生んだのかもしれません。

03話9
桜島を望む絶景の前で、再会を喜び合うつんつんとダイサイゴー。「隼人みたいに強ければヤッセンボーを止められたのに」と嘆くつんつんに、ダイサイゴーは「おまんさぁは強か」と語りかけます。

03話10
そして時を同じく、ついに両親と再会したコンコン。コンコンパクトを通じてコンコンを見守ってきた二人が、コンコンと抱き合って喜びを分かち合います。

03話11
守護神であるヤッセンボーに背いたことを気に病む狐一族の前に現れたのは、大石兵六夢物語でおなじみの伝承ボッケモン「大石兵六」。自らを死に追いやったと息巻く狐一族に対し、兵六は軽いノリでそれを否定し、狐一族封印の原因がヤッセンボーにあることを語ります。
この飄々とした、今風に言うと「チャラい」ノリの兵六を演じてくれたのは、鹿児島で活躍中のお笑い芸人コンビ「Party」ののりさんでした! のりさんはなんと、役作りのために前日打合せに髪を剃り上げて登場! 芸の道を生きるそのイッダマシイに、深く感銘を受けました!!

03話19
ついに語られるヤッセンボーの真意。隼人が「薩摩隼人」の概念から生まれたのに対し、ヤッセンボーの正体は狐一族の守護神ではなく、「やっせんぼう」の概念から生まれたスピリットボッケモンでした。鹿児島では古くから体力、武芸に秀でた者が「薩摩隼人」と持てはやされてきたのに対し、力の代わりに知略を巡らせてきた者は卑怯な「やっせんぼう」と蔑まれていた面もあります。両者とも鹿児島のために生きているはずなのに、方やヒーロー、方や弱虫扱い。長く続く鹿児島の歴史の中で積もってきた不平、怒り、悲しみが、ヤッセンボーに「鹿児島人への復讐」「薩摩隼人への復讐」を決意させたのです。

……「力で相手を叩きふすっとは、おまんさあが一番嫌うやり方じゃなかとか?」と語りかけた言葉も虚しく、次々と凶刃を隼人に向けるヤッセンボー。その最大最後の秘術とは?! 物語はいよいよ佳境へと突入します! 

さて、隼人とヤッセンボーの戦いの舞台に、ある共通点があることにお気づきの方もいたかもしれません。西田橋、尚古集成館(に集められた多くの資料)、仙巌園の反射炉、寺山の炭釜……これらは全て、鹿児島に生きた先人達が、練った知恵と高い技術で作り上げた物です。「薩摩隼人」が力や武力の象徴ならば、「やっせんぼう」は知識と知略の象徴。ヤッセンボーの背負う数多の想いを印象的に演出するべく、外山監督がこだわり抜いて選定したロケーションです。それを踏まえてもう一度見返して頂けると、『薩摩剣士隼人』をさらに深く楽しんでいただけるのではないでしょうか。

03話13
西田橋は、島津家二十七代藩主斉興が肥後国の岩永三五郎を招いて作らせた美しいアーチ橋です。近隣住民からは眼鏡橋とも呼ばれ、平成五年の水害の後に甲突川から祇園之洲地区の石橋記念公園に移設されています。

03話14
島津斉彬によって磯に建てられた「集成館」。西欧諸国のアジア進出に対して軍事だけでなく産業の育成を進め、その中心となった工場群です。現在はその機械工場内部が、「尚古集成館」として島津家の文化・歴史と集成館の事業を語り継ぐ博物館となっています。

03話15
仙厳園の中にある反射炉跡。この反射炉は鉄製の大砲を鋳造するために築かれたもので、火床(ロストル)で燃料(石炭または木炭)を燃やし、その熱を壁に反射させて炉床の銑鉄を溶かす施設です。現在はその基礎部分と思われる遺構のみが現存。かつて灼熱の鋼鉄を支えたであろう数万個の耐火レンガが、今尚風雨に耐えて残されています。

03話16
寺山の炭窯跡。これは1850年代、島津斉彬の集成館事業において上記の反射炉などで使用する火力の強い白炭を製造するためにに造られました。斉彬の家臣・山本籐助を紀州(和歌山県)に派遣して学ばせた製炭法を実践するべく、3基の大窯を設けて生産を行ったとのことです。



【薩摩剣士隼人 完結編 第3話】

企画:株式会社ボッケモンプロ(薩摩剣士隼人プロジェクト)
原作:外山雄大
  :原田英樹
シリーズ構成:外山雄大
脚本・絵コンテ:原田英樹
統括プロデューサー:小野大
監修:東川隆太郎
音楽プロデューサー:野井倉博史(SRファクトリー)
音楽:松本和樹
  :式大介
プロデューサー
    撮影監督:南しんぽう
アクション監督:中島厚也
殺陣指導:田原竜太郎(インスタッフ)
制作:有川ゆき
広報:祁答院賢生
題字:石原美紅
アニメーション:戸口 のふみ
       :大迫 茉生       
キャラクターデザイン:原田英樹
衣装造型:竹原哲郎
     :海老原隆司
     :久保薗恵美
     :前野克郎
     :外山恵美子
     :小野良子
     :小野良子
主題歌:「薩摩剣士隼人」
作詞:阿藤映志
作曲:竹原哲郎
編曲:松本和樹
歌:尾堂公信
オープニング・エンディング撮影:
羽生孝文(JSC)
松下瑞樹(松下瑞樹写真事務所)
野元博之
総監督:外山雄大
製作・著作:株式会社ボッケモンプロ(薩摩剣士隼人プロジェクト)


▼出演
Partyのり

▼アクション
前野弘和
中島厚也
有川ゆき
竹原哲郎
米田翔太
七芽欠伸
吉田翔太
飯迫杏奈
萩原しほ
クリステル
川越麗香
川上沙代
中村尚子
伊藤雄司
伊藤仁美
山崎真和
牧野利光
澤田晶子
福元浩二
平島要子
上園千恵


▼スタッフ
中山貴之
濱崎智世
宮原健介
吉田翔太
港真幸
祁答院賢生

▼撮影
南しんぽう
長野泰英
上野祐助
原口倫宗


▼協力
鹿児島県
鹿児島市
姶良市
鹿児島県観光連盟
薩摩ガラス工芸
本場大島紬織物協同組合
沈壽官窯
揚立屋(立石食品)
ツーウェイズ
仙厳園

▼ロケ地協力
南洲神社
白銀坂
多賀神社
石橋記念公園
尚古集成館
仙巌園反射炉跡
寺山炭窯跡
関吉の疎水溝


副主題歌:「天の声」
作詞:HANZO
作曲:藤田たかし
編曲:津川智寿
歌:はやと

挿入歌:「カゼノコトノハ」
作詞:原田英樹
作曲:中島典子
編曲:式大介
歌:古川彩香 飯迫杏奈 村山礼恵

挿入歌:「きつねのおてがみ」
作詞:原田英樹
作曲:野井倉博史 政野早希子
歌:大毛彩

挿入歌:「つながり」
作詞:ai
作曲:tomoyo
編曲:BLACK BABE
歌:roddy×BLACK BABE

▼声の出演
尾堂公信
原田英樹
田中ロイジ
大毛彩
中島厚也
竹原哲郎
米田翔太
有川ゆき
原口倫宗
田原竜太郎
吉田翔太
長野泰英

| 第一部完結編 | 20:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。